2017-08-/ 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.12 (Wed)

昨年度の学生の自殺者をきいて驚愕

先日、閣僚の一人が自殺しました。
松下金融相が自殺 首相・妻らあてに3通の遺書  :日本経済新聞
産経のアプリで号外がでたとき、自分は国の異常自体だと思いました。

そして、今日、昨年度の小中高生の自殺者数が200人というニュースを耳にしました。
時事ドットコム:小中高生の自殺200人=25年で最悪、いじめは4人-半数は理由不明・文科省調査

多すぎます。
もちろん、自殺なんて0がいいです。

半数が理由不明ということでしたが、親に思い当たる節はないのか?
家族と交流の時間はあったのか?
学校での人間関係、成績不振などは原因ではないか?
そして、遺書やネット上に書き込みはなかったのか。

もし仮に、学校に原因があった場合、学校を変えるという選択を用意すべきではないのか?
生徒が学校に拒否反応を示しても、それは不登校とされ問題視される。
親も義務教育という冠がついている以上、子供を不登校にさせるわけにはいかない。
環境を変えてあげることも、一つの方法ではないのか?

同じく、家庭に問題があった場合、その子供をどうするのか?


多くの若い命が失われたことにとても驚きと悲しみを覚えました。
ブログランキング・にほんブログ村へ


00:20  |  日記・コラム・つぶやき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。

仕事や人間関係で袋小路に入ると「リセットしたい」そういう気持ちは少なからず出てきます^^;。でもそれが即、死に結びつくかと言えば、家族どうするの?今人生止めて何が解決されるの?これまで何を達成してきたの?といったいろんな感情が、自殺という選択肢からギアチェンジさせます。(←ま、そもそも死にたいとはあまり思いませんけどね^^;)。でもこれらのしがらみや繋がりが無く、孤独で一人ぼっちな状況だと、簡単に死という選択肢が浮上するんでしょうね。同じ死に向かうベクトルを持った人が集まればなおさらそれは加速するでしょう。住み易い世の中になってくれればいいんですけどね^^;。
ではヽ(´▽`)/
まっさん |  2012.09.12(水) 09:49 | URL |  [編集]

伝聞だけどね、生き物は種が多くなり過ぎたら本能で自ら死を選ぶことがあるらしい・・・人間に限らず。
それが自殺の理由とは言えないけれど。
あと本当に今までそんな素振り無かったのに急に「死のう」って思って死んじゃう人もいるらしー。

学生の自殺となると、多感な年頃だし、学生にはまだ狭い世界しかないから逃げ場は少ないよね。
当人達の状況を知らない人間はそれらを踏まえて、自分らは気をつけることしかできんよ。

あ、余談ながらうちは不登校児が転校してくる学校だったから、ニュースにならないだけで対応してる親は少なくないよ(^^)
高瀬 |  2012.09.12(水) 22:47 | URL |  [編集]

●まっさんさんへ

僕は親が死ぬまでは死ぬつもりないっすーってのが最後の支えかな。
大事な人がいると違いますね。
僕も死にたいとは全く思いませんw

受け皿がどこかにあればいいと思うんですけどね。
あるなら気づける場所にあればまた違うのかなと。
ハル |  2012.09.18(火) 18:57 | URL |  [編集]

●高瀬へ

ふんふん、なるほど。
転校する親もいるのね。
学校って手続き上は簡単に転校できるのかなぁ?
まぁよくよく思い出せば結構転校生っていたな。忘れてたw
ハル |  2012.09.18(火) 19:04 | URL |  [編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示
 (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://haru0099.blog.fc2.com/tb.php/823-c0f88328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。