2015-11-/ 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.24 (Tue)

放課後等デイサービスで働いて(人員配置基準)

前回の続き。

バイトさんが辞めてった理由については、うちの放課後等デイサービス個別の理由が大きいので、またいつかにします、すいません。


さて、放課後等デイサービスの人員配置基準について。
これがもうびっくりします。
根拠法はここ


指導員又は保育士
児童発達支援管理責任者

以上!


指導員は無資格OK!
児童発達支援管理責任者は年数さえ満たせば老人福祉施設の人でもOK!

要するに障害児及び児童の専門家がいなくてもOK!

もう一度!
障害児及び児童の専門家がいなくてもOK!


これ、緩すぎませんかね?
もちろん加算基準とかもあるので、保育士がいないってことはちと考えたくないですが、最低限だと、ずぶの素人が子供預かって放課後過ごさせるってことになります。

普通の子育てだったら、一人目は誰しも素人ですが、商売ですからね。
もうちょっとなんとかならんのかって思います。

バイトとしても困ったときに判断仰げる人がいないのは辛い(泣)



親からしても目的があって預けたいってなら、施設の人員についてはよく確認したほうがいいです。
いい教育、療育を受けられない障害児はどんどん可能性狭まりますからね。
子育てとなると親も疲弊するので預かってくれればOKなら特に気にする必要はないと思いますが。


放課後等デイサービスはほんとピンキリの制度です。
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
14:16  |  バイト(保育)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。