2017-03-/ 11-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>03-

2016.05.09 (Mon)

書籍 稲の旋律

新聞赤旗に連載された当時ちょっとした話題になった連載小説らしいです。
なにせ、赤旗なんぞ、読んだことがないので僕は知りませんでした。
(選挙は大体共産党にいれるんだけど)

僕が知ったのは高垣忠一郎という方が書いている書籍に稲の旋律がでてきたから。
高垣忠一郎さんは心理学の専門家で、児童の不登校やひきこもりを扱うことが多い印象です。
書籍は自己肯定感に関する書籍が多い。
僕も何冊か読んだんだけど、そこには
"自分が自分であっていいんだ"とか、
"誰かに認められきゃいけない自分でなくてもいいんだ"とか
そんなようなことが書かれているように思う。

そして、自らが育つ力を信じて養うだとか、待つだとかそんなことも書かれていたように思う。

そんな高垣忠一郎さんの言わんとしていたことを
小説という形で体現してくれたのが本書だと思う。

主人公は30才女性。
母からの期待や自己の考え方から社会から離脱してしまった人が主人公。
彼女は、ある日、どうにもならなくなって、千葉の田園地帯にメッセージボトルを置く。

そこから物語は始まります。
小説は往復書簡という珍しい形で展開していきます。

お相手は、メッセージボトルを拾った、農家の男性。
この方が、とても良く出来た方で、まさに高垣忠一郎さんの教えを実行してくれます。

そこには、
信じて待つだとか、ありのままでいいだとか、0か1じゃないだとか、
ひきこもりには社会にも問題があるだとか、
そんなことが書かれています。

僕の言葉ではうまく書けないけれど、
こんな人に会えたらうれしいな~と思うと同時に、
自分も支援者としてこういう支援の仕方をしていきたい
とも思います。

ちょっと弱ってる人にはとってもオススメ。
それ以外の人にもオススメ。


映画の方も展開しているみたいなので、
時間がない方はそちらもぜひぜひ。
映画の中に曲がいくつかでてくるので、
僕はそっちもきいてみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


08:12  |  書籍・雑誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.04 (Thu)

書籍 競争社会に向き合う自己肯定感

あまり調子があがってきません。
ハルです。こんにちは。



自己肯定感がめちゃ低いので上の本を読みました。
登校拒否になっている子どもやその親にむけてかかれている感じの本ですが、
自分にも参考になりました。

ダメな自分を肯定するのでも否定するのでもなくあるがままを受け入れる。
そして自分を愛する。

そんなことを目指した本でした。

また、現代社会は少し、心を置き去りにしているといった、問題提起もされていました。
ハルもブログのタイトルに書いている通りもう少しのんびりスローに生きたいと願っている一人なので、
こういうことがかかれている本は大好きです。
実際はスローライフも中々難しいんですけどね。
周りに急かされるので。
今はニートなので大丈夫だけど。

以下、注目した文章。
P51終盤

もちろん最終的に参加・不参加を選択する「余地」は本人たちにも残されています。そうした競争から降りる「自由」はあります。しかし、その「自由」は社会の端っこに脱落する危険と引き換えに得られる「自由」です。そういう危険を冒すことを避けようとするならば、嫌でも競争に参加せざるを得ないのです。もちろん競争に参加したとて、その結果、社会の中心部や安全帯の椅子に座れるという保障はありません。


ほぼ、参加を強制する社会でも結果の平等が保証されているわけではない。

P58

心に「障害」を受けた人はそのハンディが見えないうえに、意欲をもって頑張るための「内的資産」も奪われています。そういう意味では二重三重のハンディを抱えていることになります。最近よく見られるわかりやすい例で言えば、うつ病にかかった人は頑張りたくても頑張れないのです。頑張ろうとすればするほど、頑張れない自分を責めて余計にしんどくなります。



などなど。
もちろん、直接的な解決にはならないけども、もし、自己肯定感が低くて悩んでいる方には参考になるヒントがあるかもしれない。
自動車運転技術の本読んだらこの人の本もう数冊読むぞ~。

よかったらクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ


13:34  |  書籍・雑誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.19 (Sat)

コミック ジョジョリオン11

生粋という程ではないがそこそこのジョジョラーである。
一応全巻持っていて、毎回新刊は楽しみにしている。

だいぶジョジョリオンも話が進んできて、今回は4部のパロディーらしく、あのキャラやあのキャラが登場。
スティール・ボール・ランが切迫した気の抜けない展開が続いただけにこのだら~とした感じがなんとも苦痛だったりもする。
4部は長かったけどジョジョリオンも長いのかな?
4部はラストが胸熱だっただけにラスボスまで早いところいって欲しいのが。。。
果たしてどうなるんだろう?

あと相変わらずスタンドがよくわからないw
人型の直球タイプのスタンドほんとへっちゃったよね><

次巻話進むのかなぁ。楽しみだけど、まてん!

ブログランキング・にほんブログ村へ


16:36  |  書籍・雑誌  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム |  NEXT>>